オルタナティヴでいこう! ~告知ブログ
人は時に壁にぶつかる。でも、視点を変えれば、「想定外」の解決策が見つかるのさ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厨房につける薬はない ~雇用に甘える人たち

 赤木智弘の「論座」の原稿が、ごく一部で話題になってはいる。

 ネットでも読めるので、あまりにもヒマを持て余しているようなら、アクビを押さえながら読んでみても罪ではないだろう。

 正直、30歳を過ぎた大人の意見とは、まったく思えない。

 「論座」が例の原稿を掲載したのは、若い読者を獲得したかったからだろう。
 あるいは、「若者思い」の議論好きのおじさんたちにいまどきの若者の嘆きぶりでも読ませたかったのかもしれないが、僕には「こーゆー頭でっかちな奴をのさばらせているから出版不況が続くんだよなぁ。ふわぁーあ」とアクビ混じりの感想を持つのがせめてものリアクションだった。

 確かに、現在30歳前後の就職氷河期世代は、雇用の点で割を食った恨みがあるだろう。
 しかし、社会情勢というものは、運命ではない。

 国にも自治体にも企業にも金が無くなれば、固定費かつ昇給を約束するような正規雇用の枠組みを縮小するのは、自分が社長の立場に立って想像すれば、厨房でもわかることだし、時代状況をふまえずに社会に出た個人まで、世間は守ってやる余裕などないのだ。

 もっとも、世間は守ってはくれないが、友人どうしのつながりを大事にしてきた人間は、その友人の輪の中で気付かされる。

「おまえ、理屈っぽいよ。世の中には、自営業者もいっぱいいるんだぜ。雇用にしがみついてたりしたら、自分の好きな仕事なんかにゃ、ありつけないじゃん。こだわり過ぎると、結局は近視眼的な人生しか歩めなくなるから気をつけろよ」

 その程度のアドバイスを親身になって彼にくれてやった友人はいなかったんだろうか?

 雇用がダメなら自営があるし、自営ならば自分らしく働けばいいだけだ。
 自分の持っているわずかな能力をなんとか仕事現場で鍛えていって、経験が蓄積していけば、それなりに食えるようになる。

 第一、「論座」に書いて、今後も原稿執筆の仕事が欲しいとなれば、それは「評論家」やものかきといった自営業者を志向してるってことじゃないか。

 それを「フリーターでござい」と名乗るのでは、「結局おまえってものかきで食っていくんだっていう覚悟ができてないだけじゃん。甘ったれるなよ」という批判を受けても仕方ないだろう。

 資本主義社会ってもんは、そもそも自己責任社会だから、自分自身の職業能力を自分で磨くのが前提だし、能力が足りなかったら経験を積むか、それ相応の学びが得られる学校に通うか、できる先輩を自分で見つけて仕事を覚えさせてもらうか、いくらでもスキルアップのチャンスがあるはずなのだ。

 それをいまだに「フリーター」を名乗り、「弱者」を気取るとしたら、その構えは、自分で自分を一般的で抽象的な存在に貶めてしまっているのだ。

 自分が何者になりたいのか、どんな技術で人様から金をいただくのか、中卒の大工でも知っていることが、赤木くんにはピンと来ていないらしい。

 『下流社会』の著者・三浦展さんなどは「大学教授なんて大学に残るしかできなかった人々」と喝破したが、赤木くんも残念ながら、雇用制度の内側でしか自己規定ができず、自営業者として生きていくという覚悟も勇気も根付いていないようなのだから、こういう厨房につける薬はないのかもしれないねぇ。

 2015年には、労働者全体のうち、2人に1人しか正社員になれない時代が来るという未来予測がある。
 アメリカでもそうだし、日本でもそうだが、実際年々、正規雇用の割合は減っている。

 そうした状況下で、まだ「スキルのない俺を雇って。しかも、女を養って子育てできる給与で」などと主張し続けるとしたら、その甘えぶりこそがキモイ。

 だいたい、「金のない男はモテない」などという傾向分析が個別の結婚にどの程度影響を与えるかは、未知数だ。

 月収10万で結婚したいなら、経済力ではない魅力を身につけるべきだろう。
 そもそも、ビジネスをやらせれば、女性のほうが向いていると思うし、今後は当たり前のように同年齢の年収や貯金額でいえば、女性の方が上回る時代が来る。

 そもそも金で支配できるという考え方があさましいのだ。
 金に換えられない魅力を持っていれば、女性のほうからいくらでも連絡してくるし、そういうスキルを身につけるのも経験だ。

 しかし、おそらく自営にせよ、女性との関係にせよ、新たな経験を積もうという自助努力は、彼のような「自称フリーター」たちには、高いハードルに映っているのだろう。

 自助努力を払わない「自称弱者」に対して、ソーシャルベンチャーも支援する気は起らないだろうし、結局彼らは無知と未経験のまま、自分に賛同してくれる人たちの輪の中で心中のように自己評価の低さを温存しながら死んでいくのかもしれない。

 雨宮処凛さんも既に自営業者なのだから、赤木くんには「どんどん書いて。いっぱい本を出せるようがんばって!」と応援するのが筋だろう。

 あるいは、それこそ会社でも作って、自助努力をしない連中まで雇用してあげればいいじゃないか(笑)。

 たぶん、自分が社長になれば、きっとせっかく雇ってあげた赤木くんにムカムカしてくるだろうが、そこで現実ってものを知るのだろうと思う。

 戦争なんぞ引き合いに出さなくても、自営もしくは起業すれば、流動性なんていくらでもありうることがわかるだろう。

 アジアの貧しい国の子どもたちを支援しながら、まっとうに食っているNPOだってあるし、やりがいを覚えて労働の本当の意味を知るチャンスが、そういうソーシャルベンチャーには豊富にあることも気づくのかもしれない。

 しかし、「反貧困」キャンペーンの人たちの目をソーシャルベンチャーに向けさせるのは、きっと至難の業だ。

 なぜって?
 だって彼らは自分の問題を制度の問題にすり替えたいだけなんだもん。
 そう言い続けていられるだけの妙な余裕が、彼らにはあるから。
(実家住まいだったり、仕送りをもらってたりね)

 自営業者もソーシャルベンチャーも再生を急がれる地域も、国家や自治体からの援助や政策を待ってる余裕なんかないんだよ。
 だから、自律的で具体的なアクションに出ているんだ。

 自前でビジネスモデルを作り、自分らしく社会に役立つことで働き甲斐と問題解決法を創出し、「もっとマシな世の中にしよう」と日々動いているんだよ。

 東京ローカルのメディアでは「ワーキングプア」が話題だけど、日本のほとんどを占める地方では、むしろ「地域再生」の具体的なアクションが始まっているし、中央官僚たちだってそうした地方活性化に取り組むソーシャルベンチャーをわざわざ田舎に足を運んで取材しては全国の問題解決に援用できるモデルを作ろうとしてるんだ。

 もう、デモや集会、シュプレヒコールの時代じゃない。
 ましてや、「戦争」なんて言葉を持ち出すような悠長な時代でもない。

 「仲間」うちで国や時代状況に対して文句を言い合って若い時間を浪費するよりも、自分にとって本当に必要なのは何なのかを自問するといいだろう。

 仕事が無ければ、作ればいいだけなんだし、そのためにも僕は東大の自主ゼミで毎週、ソーシャルベンチャーの若い担い手をゲスト講師に招いているのだから、受講しに来たらいいんだ。

 自分より若い20代半ばの若者たちが、世の中を楽しく面白く渡り歩いてビジネスモデルを構築し、元気に働いている姿に触れるといい。

 赤木くん、そして赤木くんのシンパの諸君!
 だまされたと思って、一度、僕のゼミにおいでよ。
 下記リンクのmixiコミュに、今月10日(月)のゼミを告知しておいたからさ。
(※しかも、ソーシャルベンチャーの担い手2名が来てくれるよ。無料だし、誰でも参加できる)

http://mixi.jp/view_event.pl?id=25752862&comment_count=0&comm_id=2040296
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 mixi誘っておきました。
 うちの自主ゼミは東大生でなくても参加できるので、女子高生からおじさんまで参加しています。
 そして、毎回変わるゲスト講師もパワフルかる魅力的です。
 自分らしく働ける仕事は自分で作るのが基本なんですが、これを学校がこれまで十分に教えてこなかったと批判するなら、まだ制度批判にも意味があるように思いますが、既に30代にもなって自分が順当な給与で雇用されないことを嘆くのは、ただの世間知らずです。
 もっとも、アフィリエイトだけでは自営を学べないので、拙著「親より稼ぐネオニート」ではゲストハウスの自営も説いています。
 アフィリエイトで儲けたいのであれば、月に1000円程度稼げるブログを100個くらい愚直に作っておけば、それなりに成果は出るでしょう。
 もっとも、実際にアフィリエイトで儲けている人は、「せどり」「ネット通販」「情報販売」などの他のブログも同時に運営しています。
 それらを有機的に運営していけば、それなりに稼げますから。
 もっとも、時間との勝負です。
 締切と目標額を設けない限り、自営収入を意識してアップさせることはできません。
 しかし、逆に言えば、それをちゃんと意識してやっていれば、自営は成立します。
 それで「食っていける」つもりでやるのか、趣味で続けるのかでは、収入に雲泥の差が出てきますので、ご自身にとって無理のない儲け方を考えるほうが自営業を成功させる早道でしょうね。
【2007/12/08 01:57】 URL | >まことさん #-[ 編集]
アフィリエイトの収入が入ってこなくて半年になってきて、自営に向いてないんじゃないかと悩んでいました。
周りに自営している人がいないので、今さんのゼミに行って話を聞いてみたいです。mixiコミュに登録したいので、紹介メールを送っていただけませんか?
お願いします。
【2007/12/07 15:43】 URL | まこと(仮名) #-[ 編集]
>まことさん
 それこそ、学校教育のみで世の中を見ようとする弊害ですよ。
 世の中に出れば、自営業者が儲かって人を雇うようになるわけで、雇用されている立場と経営する立場の中で、雇用せずに自営する道が一番、自分のやりがいを作りやすく、それゆえに雇用されるより、やってみれば簡単なんですよ。
 そもそもライターなんて、未経験でも仕事をくれる人がいるくらいですからね。
 「思っているより難しい」は、ウソです。
 試みたことのない人は、そういうウソにだまされてしまうんですよ。
 何から始めたらわからなければ、うちのゼミにいらっしゃいよ。
 ちゃんと足を運べば、自分でやったほうがマシって思えますから。
 赤木くんは、そういう経験を度外視しているから、世の中の広さを知らない厨房だってことなんです。
 だから、制度の問題に還元してしまうような偏った考え方ではなく、社会には自営も起業も選択肢のうちにあるということをちゃんと知る必要があるんですよ。
 「あながち否定できない」なんていうのは、彼と同じように狭い世界し知らないことに無自覚だってことなんです。
【2007/12/07 13:49】 URL | >まことさん #-[ 編集]
読みましたよ。その人のブログ。googleで一番上にありました。
でもその人の言うこともあながち否定できないんですよね。自営って思ってるより難しいですよ。何から始めたらいいかわからないんです。
やってみるしかないんでしょうけどね。
【2007/12/07 13:17】 URL | まこと(仮名) #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

今一生 con isshow

Author:今一生 con isshow
 ライター・編集者。
 '97年「Create Media」名義で編集した『日本一醜い親への手紙』がベストセラーに。
 '99年に発表した『完全家出マニュアル』で造語した「プチ家出」が流行。
 著書に『ゲストハウスに住もう!』(晶文社)、『下流上等』(学事出版)、『「死ぬ自由」という名の救い』(河出書房新社)など多数。
◎公式サイト
◎今一生の本

カテゴリー

リンク

■ゲストハウスに住もう!
■ネオニートへの道
■クスリをやめたいあなたのために

■ミス御隠居の無責任日記
芸能時事ネタで笑えるのほほん日記。


■ご機嫌公論
ライター&エディターのロイ渡辺くんのブログ。


■バルセロナの日本人女性
”バルセロナ嫌い”なのに在住7年――英語翻訳家のちょっとハイソ な日常を英語バイリンガルでお届け。


■インドで豆腐屋になろう!
豆腐屋の娘でも無いのに、東京で豆腐屋修行するちべまろさんのブログ。



■レンタル空手家
ひきこもりや精神的に弱い人の自宅や近所に出向いてくれる空手家のブログ。



■世界の片隅から、映画を観る。
心動かされた映画を紹介するまこと(仮名)さんのブログ。



FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。