オルタナティヴでいこう! ~告知ブログ
人は時に壁にぶつかる。でも、視点を変えれば、「想定外」の解決策が見つかるのさ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子出版の印税

 電子出版には、実は大きく分けて2種類ある。
 一つは、本屋で紙として売られている商業出版物をネットで売るもの。
 言わば、職業作家のコンテンツの2次使用だ。

 しかし、そこでは著者印税は一律10%になっている。
 多くの出版社が参画している日本電子出版協会の決めた数字らしい。

 だいたい本を書けば、著者は10%の印税をもらうのが相場だが、同じ内容をネットで読ませても10%とは、これいかに!?
 製作コストをかけていないのだから、もっと著作者への配当を上げてもいい気がするが、新規で本を出す際に、出版契約書にこの数字を前提とした2次使用の許諾を求められてしまうので、著者としてはいかんともしがたいところなのだ。

 そこで、もう一つの電子出版のあり方が魅力的に思えてくる。
 それは、下記のようなサイトにおける電子出版だ。

◎プレミアムまぐまぐ
hhttp://premium.mag2.com/

◎でじたる書房
http://www.digibook.jp/index.php

◎Boon-gate.com
http://www.boon-gate.com/index.html

◎@pay
http://pay.nifty.com/pay/servlet/list

 いずれも、著者印税は50~60%だ。
 これは、主に素人向けのコンテンツを主力商品にしているため、小ロットを前提にする必要性から印税率を高めに設定しているのだろう。

 しかし、著作権保護やサーバ運用などのコストは、商業出版物の電子出版物とさほど変わらないはずだ。
 結局、電子出版でも10%に甘んじるしかないプロ作家は割りを食っているということになる。
(※日本電子出版協会は、なぜ10%なのかについて十分な説明を作家にしていない)

 おそらく将来は、本を出している作家も、本とは別のバージョンをこうした素人向けコンテンツを売る電子出版サイトを通じて売り出していく流れが始まるのではないだろうか。

 小説などは、ラストシーンが違うバージョンや、主人公をサブキャラに変えたバージョンなど、いくらでもバージョンの違うコンテンツを売り出せるだろうし、ノンフィクションでも半分以上内容を変えたり、新規情報を加味した内容にすれば、出版社とトラブることなく、別バージョンをネットで売る(先行販売も可能)こともできるだろう。

 また、素人にとっても、50%程度の印税をもらいながら、売れ筋のコンテンツに育てていけば、商業出版のオファーがかかると思われる。

 自分のブログが人気が出たら、アーカイブはそのように複数の電子出版向けのコンテンツとして流せばいいのだから、無理のない副業になるかもしれないしね。

 もっとも長期的に考えたとき、僕としては人気コンテンツを自動的に英訳してくれるサービスがあったらいいなと思っている。
 時代も国境も超える普遍的な価値のあるコンテンツは、「ネット発、紙媒体」という流れの中で、いろんな国で本として流通するのが望ましいと思うので。

 そういう英訳サービス会社があれば、英語圏でそのコンテンツを売る際に出版権を主張すればいいと思う。
 現在、素人向け電子出版サイトは、出版権を主張していないけれど、英訳という付加価値をつけえれば、狭い日本市場よりも海外の大きな市場に打って出れるのだから、どこか、そういうことをやってくれる会社ないかしらね?
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

今一生 con isshow

Author:今一生 con isshow
 ライター・編集者。
 '97年「Create Media」名義で編集した『日本一醜い親への手紙』がベストセラーに。
 '99年に発表した『完全家出マニュアル』で造語した「プチ家出」が流行。
 著書に『ゲストハウスに住もう!』(晶文社)、『下流上等』(学事出版)、『「死ぬ自由」という名の救い』(河出書房新社)など多数。
◎公式サイト
◎今一生の本

カテゴリー

リンク

■ゲストハウスに住もう!
■ネオニートへの道
■クスリをやめたいあなたのために

■ミス御隠居の無責任日記
芸能時事ネタで笑えるのほほん日記。


■ご機嫌公論
ライター&エディターのロイ渡辺くんのブログ。


■バルセロナの日本人女性
”バルセロナ嫌い”なのに在住7年――英語翻訳家のちょっとハイソ な日常を英語バイリンガルでお届け。


■インドで豆腐屋になろう!
豆腐屋の娘でも無いのに、東京で豆腐屋修行するちべまろさんのブログ。



■レンタル空手家
ひきこもりや精神的に弱い人の自宅や近所に出向いてくれる空手家のブログ。



■世界の片隅から、映画を観る。
心動かされた映画を紹介するまこと(仮名)さんのブログ。



FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。