オルタナティヴでいこう! ~告知ブログ
人は時に壁にぶつかる。でも、視点を変えれば、「想定外」の解決策が見つかるのさ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代のバカは治らない?

 『親より稼ぐネオニート』について、よくある誤解がある。
 それは、「雇用か、自営か」という2択問題に収斂させてしまう誤解だ。

 既に会社員になっている人でも、自分の仕事に満足しているなら続けられるだろうが、会社に運命を預けている限り、自分の意志とは関係なく、突然に解雇や倒産を言い渡される。

 それは決してローリスクではない。
 しかし、いちいち日本経済の危うさの根拠をここに書く気はない。
 少なくとも経済弱者になった時のリスクヘッジやセーフティネットは無いに等しいとだけ言っておこう。

 つまり、会社に入るという赤い靴を履いてしまったら、踊らされるだけ踊らされて、いざって時はほうりだされて再就職がさらに困難になるのが30代なのだ。

 だからこそ、自営の方法を早めに身につけておけ、という趣旨が、僕の本にはある。

 いきなり自営だけでやるっきゃないのは、現時点で失職中のニートだけだ。
 再就職活動をするな、とは書いていない。
 オフライン・ビジネスでも何とかできる方法さえ書いてある。

 しかし、30代で働き甲斐も感じず、「仕事辞めたい」と思いながら、ストレスフルな通勤生活をしている人の中には、やりもせずに「自営は困難だ」と思い込んでいる人もいて、そういう人は自分の怠け癖に居直っている。

 自分が何が楽しいのかも自覚せず、楽しいことをビジネスにするという工夫もしない。
 これは、単なる甘えの発想だ。

 そして、30代でこの甘えぶりだと、そのバカぶりは治らないものなのかもしれない。
 それでいて、「俺を救ってくれ」などと望むのは、赤ちゃん以下だ。
 こういうのを「30代バカ」と呼ぶことにする。

 しかし、30代で会社に入れないニートには、既に雇用されている30代バカの声などクソの役にも立たないだろう。

 せっせと、1円でも稼げるように自営の道へひた走る以外に救済されないのだから。

 「30代バカ」は今後、失職したときに「ああ、あの時に自営の道も試行しておけば…」と後悔するのかもしれないが、既に遅いのだ。

 きっと「俺にはどうせできなかった道だ」と自己評価の低い総括をするだけで、自己評価の低さが根拠なき安定の夢を見せていたことに思い当たらないまま、死んでいくのかもしれない。

 結局、「30代バカ」は、そのままでは救われない。
 ちゃんと自分の気持ちを人に話して、人の意見を聞きながら、冷静に自分の危なげな点を見据える現実認識が必要だ。

 人は、自分の意思に反して無理して働いていけば、そのうち息切れする。
 自分に嘘をつきながら働いていれば、会社がつぶれる前に、自分がつぶれてしまうのだ。

 だからこそ、雇用されているだけでは安定・安心とはいかない。
 延々とその問題を見ない振りしていても、やがて時限爆弾のように問題は自分を苦しめるだろう。

 「雇用か、自営か」という2択のように読んでしまった人は、再度、本書を読み返してほしい。
 僕は、自営と定収入のハイブリッドな稼ぎ方が理想だと書いている。

 ネット・ビジネスで自営の手ごたえを得たら家賃収入の道としてゲストハウス運営を、と勧めたのも、人間関係に自信のないニートでもできる稼ぎ方だからだ。

 自宅を人に貸して自分はホームレスになるなんて、まったくばかげている。
 貸し方次第ではもっと儲けられるのに、そうしたアナウンスが届いていないのだ。

 怠け癖そのものをなんとかしたいなら、その方法も本書には十分に書いたつもりだ。
 何でも嫌がってしまうのが「30代バカ」だとしたら、救われようなんて無いに決まっている。

 結局、バカにつける薬はないってことなんだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

 まさに、その通りですね。

 自分の人生を自分で守る時代に突入しているので、正社員であっても副収入を試みていますから、自分の収入手段を自営感覚でセルフプロデュースしておおかないと、いざ会社に放り出されたら(あるいは転職しても再就職が困難だったら)、絶望してしまいかねませんからね。

 おかげさまで、『親より稼ぐネオニート』は売れに売れています。
 やっぱり、現実的なリスクヘッジが必要だと通関している人や、もっと収入を増やしたいと思う人が増えているんだろうと思います。

 それだけ企業サイド、そして国家のほうに安定した収入を保証する力が無くなってきており、収入をめぐる不安を感じる下流層の階層が増えてきているんだろうと思います。

 早めに手を打っておけば大丈夫ですが、他人事のように感じていると、いざという時にバカを見るのは自分だけになりかねません。

 救われたくても、最後は自分の力で自分を救うしかないんですよねー。
【2007/03/29 23:37】 URL | con #-[ 編集]
 父から正社員は、年金や税金を会社が肩代わりしてくれるから楽なんて聞いてたんですけど、逆に言えば
放り出されたら、何をどうやったらいいかわからなくなるから、危なっかしいですね。
今のうちに自衛もとい自営手段を養っていきましょ。

 
【2007/03/29 01:08】 URL | レザボア・ドッグ #-[ 編集]
 倒産&リストラ&退社が当たり前にある時代には、常にそうなった時に備えて、あらかじめ自営で食えるだけの技術を少しずつゆっくりでもいいから蓄積していくことが、自分の生活を守ることにつながりますよね。

 資本主義社会=自己責任社会って、結局、自分のことを自分で守らなきゃいけないってことなんですよね。
 でも、なぜか、そういうアナウンスを学者やマスメディアの方はしません。
 高給取りで、しかも食いっぱぐれのない職場に通っていれば、リスクがないと錯覚してしまうからです。

 いつでも会社を辞められる勇気こそが、本当の自由を約束するのにね。
 このせちがらい時代をお互い、自力で生き抜きましょうや!

【2007/03/27 20:38】 URL | con #-[ 編集]
会社員は危険という主旨には賛同できます。

会社が倒産、あるいはリストラにあっても30代前半までなら、何とか再就職できるでしょうけど、それ以上の年齢の人は再就職もままならず、あっという間に収入の道を絶たれる可能性が高いです。
そうなったら、あとはホームレスか自殺か、フリーターです。

親にパラサイトしているニートと大して変わりありません。

「今日、ホームレスになった 13のサラリーマン転落人生」という本には、元サラリーマンのホームレスが、ホームレスになるまでの過程が独白という形で書かれています。

大概のパターンは、リストラ等で職を失い、再就職できず、住宅ローンなどの借金が返せなくなり、消費者金融から借金し、多重債務者になり、夜逃げ、ホームレスというパターンです。

この本を読んで感じたことは、会社員という立場の危うさ、自ら収入を生み出すすべを持たないことの危険さです。

会社員であろうが、いずれ起こるかもしれない失職に備えて、副業や自営の道を模索しておくのは、非常に有意義なことだと思います。
【2007/03/25 19:53】 URL | KKMM #noTOKmWs[ 編集]
 そうなんですよ。
 身の回りにも自営業の方っていると思うんです。
 町の中には、いまだに豆腐屋だったり、アパートの大家さんだったり、農家だったり、結構個人商店ってありますからね。

 それがみんな困窮しているなんてことはないわけで、なぜ不安定ながらも困らないのかといえば、生活費や子どもの学費などの支出をあらかじめ計算し、無理のないビジネスを心がけるからだと思います。

 「自営では稼げない」というのは、やったことのない人の幻想にすぎないんですが、保守的な発想をする弱者ほど幻想にすがりつきたいのかもしれませんね。

 幻想は、やがて自分の首を自分で締めることになるのに…。
 自分の生活くらい自力で守りたいものです。
【2007/03/23 12:48】 URL | con #-[ 編集]
『自営と定収入のハイブリッドな稼ぎ方』というのは、いい言葉だなぁと思いました。

自営に不安を感じている方でも、本書を読んだり、友人の親戚に自営をやっている人がいたら話を聞いたりすると、自営をやることに自信がもてるのかもしれませんね。
【2007/03/23 10:00】 URL | korich #SWPr6pXU[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

今一生 con isshow

Author:今一生 con isshow
 ライター・編集者。
 '97年「Create Media」名義で編集した『日本一醜い親への手紙』がベストセラーに。
 '99年に発表した『完全家出マニュアル』で造語した「プチ家出」が流行。
 著書に『ゲストハウスに住もう!』(晶文社)、『下流上等』(学事出版)、『「死ぬ自由」という名の救い』(河出書房新社)など多数。
◎公式サイト
◎今一生の本

カテゴリー

リンク

■ゲストハウスに住もう!
■ネオニートへの道
■クスリをやめたいあなたのために

■ミス御隠居の無責任日記
芸能時事ネタで笑えるのほほん日記。


■ご機嫌公論
ライター&エディターのロイ渡辺くんのブログ。


■バルセロナの日本人女性
”バルセロナ嫌い”なのに在住7年――英語翻訳家のちょっとハイソ な日常を英語バイリンガルでお届け。


■インドで豆腐屋になろう!
豆腐屋の娘でも無いのに、東京で豆腐屋修行するちべまろさんのブログ。



■レンタル空手家
ひきこもりや精神的に弱い人の自宅や近所に出向いてくれる空手家のブログ。



■世界の片隅から、映画を観る。
心動かされた映画を紹介するまこと(仮名)さんのブログ。



FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。