オルタナティヴでいこう! ~告知ブログ
人は時に壁にぶつかる。でも、視点を変えれば、「想定外」の解決策が見つかるのさ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕自身が個人でできるソーシャルビジネス

 このブログの横にあるリンク「レンタル空手家」の遠藤一くんが、mixiコミュ「ひっきー、ニートのための働き方」を新設した。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=2844533

 ソーシャルベンチャーのスタッフになるだけでも、従来の会社にはない働き方があるので、働くことが楽しくなるチャンスかもしれない。

 「仕事がすげぇ楽しい!」という経験を知らないまま、「働くのが嫌だ」「動くのは面倒だ」というのは、完全にマスコミや既存の企業に洗脳されているんだろう。

 しかし、だまされてはいけない。

 世の中は広く、自分の知らない楽しい世界がまだまだいっぱいある。
 上記のコミュには、それに気づけるようなコミュに育ってほしいと思う。

 …という具合に3人称で語り終わっても、当事者である「ひっきー、ニート」は、何ら心を動かさないだろう。

 だから、書いておきたいことがある。
 それは、僕自身が個人でできそうなソーシャル・ビジネスのアイデアだ。

 僕は全国各地の講演に呼ばれて1本20~30万円(45~90分)のギャラをもらっている。

 しかし、僕が取材した誰かについての話をするよりも、取材した相手その人を同行して、2人で10万ずつもらえるような「当事者トークイベント」を仕掛けてもいいと常々思っている。

 僕が長らく取材してきたのは、まさにひきこもりタイプであり、自殺を繰り返してしまうような若者たちだった。
 中には亡くなった友人もいる。

 しかし、本当につらい日常をなんとか乗り越えて元気になれた人が社会復帰するチャンスとして、一緒に講演に回って、当事者にギャラを配当することも今なら可能だ。

 「ひっきー、ニート」と一口にいってもいろいろだろうが、少なくとも僕が常々説いているように、ココロ系(薬物療法)からカラダ系(運動療法)へ取り組み、生き直せるようになったという人材は、まさに講演を一緒にするのにふさわしい。

 そういう姿(実例)を見せれば、「あ、そうか! ちゃんと体を鍛えていけば、ダルダルな生活や低収入生活から抜けられるんだ」ということを多くの人が学ぶチャンスになる。

 しかも、講演ギャラは、いざ生活保護の暮らしから立ち直ったり、親からの自立をしたい時の資本になるし、「ひっきー、ニート」時代の苦しみを惜しげもなく話してくれれば、その話に勇気づけられて社会復帰できる人も増え、同時にそれは第2、第3の同行者候補になるはずだ。

 そうなれば、今度は最初に僕と講演に回った人間が自分と同じ属性の人間と一緒に講演に回れるかもしれないし、そのこと自体が持続可能なビジネスモデルとして定着していくかもしれない。

 当事者のほんとの気持ちを伝えるには、偉い先生やジャーナリストが講演するよりも、その当事者が語るほうが100倍も説得力が違う。

 しかし、そうと知りつつも無名の素人をメインキャストにすると客が呼べないことから、当事者だけのイベントは成立しにくいため、その問題を解決できていない講演企画者やイベンターが多い。

 だから、しばらくは僕が同伴してギャラを折半するところから始めるしかないが、やってみる価値はあるかなという気がする。

 ただし、それまでにひきこもりやニートの当事者に自助努力が求められるのは、言うまでもない。

 そのうえで、僕と何度も打ち合わせを重ね、一人では多くの聴衆の前に立てなくても、僕が横にいて一緒に普段通りしゃべるぶんにはできるという程度にまでコミュニケーション能力を引き上げていけば、単なるアイデア止まりではなくなる。

 僕と一緒なら自作のニート壮絶体験記(作文)を人前で読みあげることならできそうだっていう人なら、いくらでもいるように思う。

 そして、僕個人ができるようになるなら、僕と同程度の知名度か、それ以上の知名度で講演をしてる他の人も真似られるビジネスモデルになると思うのだ。

 だって、僕ができるなら、当事者学の上野千鶴子先生あたりもノッてくれそうな気がするし、僕以外の、僕よりもっともっと有名な人も1回くらいは当事者の同行者として参加してくれるだろうから、あとは有名人と元ココロ系の人をカップリングさせれば、僕がやらなくていい日も来るだろう。

 どんなココロ系の人にも、それぞれ「あの人なら自分の気持ちをわかってくれるかもしれない」と思える有名人が1人くらいはいるだろう。

 それは、ミュージシャンかもしれないし、作家かもしれないし、漫画家かもしれないけど、どんなマニアックな趣味の人でも、僕よりは有名な人を心の支えにしているだろうから、僕程度の知名度でビジネスが成り立てば、もっと有名な人も安心してこのビジネスに乗ってくれるかもしれないのだ。

 そういう憧れの人、尊敬する同時代の人と一緒に同じステージに立つだけでも、当事者にとっては次の人生への力強い勇気を与える気がする。

 それは、ただの講演ではなく、「当事者力」を前面に押し出した新しい講演のモデルを作っていけるかもしれない。

 僕はいつでも、カラダ系で生き直した人と全国で講演したい。

 そういう人のプロフィールを載せた専用サイトを作り、「当事者と一緒」講演企画として、全国のイベンター(イベント制作会社や広告代理店など)を通じて、売り込んでみたい。

 もっとも、サイト制作は公式サイトを見ればわかるとおり、決して上手くないので(笑)、てゆーか、稚拙なので(爆)、この趣旨に賛同してくれるwebデザイナーの方がいらっしゃったら、ぜひボランティアでかっちょいい専用サイトを作ってほしいと願うばかりだ。

 いでよ、生きずらい「ひっきー、ニート」の若者たちよ!
 僕と一緒に稼ごうぜ!
 さぁ、プロフィールを送っておいでよ。
(ソノ気になったら、公式サイトからメールをくださいな)
スポンサーサイト

テーマ:私さがし・仕事探し - ジャンル:就職・お仕事

レズビアンのソーシャルベンチャーの可能性

 昨日(11月17日)、東京・早稲田のイベントスペースで、拙著『プライドワーク』(春秋社)の新刊記念トークイベントが行われた。

 主催は、レズビアン・メディア「デルタG」(http://www.delta-g.org)。
 ソーシャルベンチャーに興味ある聴衆と一緒に、デルタGをケーススタディにしたソーシャルベンチャーの可能性を話し合ったのだが、今後の課題がはっきりした。

 それは、ソーシャルベンチャーの根幹となる「ミッション」と「ニーズ」を明確に設定すること。

 ソーシャルベンチャーの基礎知識については、下記サイトを見てほしい。

●ソーシャルベンチャー ~もっといい世の中を作ろう!
http://gogo-socialventure.blogspot.com/

 上記には語られていないソーシャルベンチャーの成立条件を語るなら、ミッション(使命感)の自覚→支援される当事者からのニーズの明確化→ビジネスモデルの確立→持続可能性の向上というプロセスが欠かせない。

 このイベントのゲストには、女性起業家に低利子で資金援助し、ビジネスモデルを鍛えるセミナーを行い、起業後のフォローも行っているWWB/ジャパンの代表・奥谷さんや、NPO「コトバノアトリエ」代表理事の山本さんなども列席した。

 両名とも、拙著『プライドワーク』に詳細にそのビジネスモデルが描かれているので、ここでは骨子だけを説明するけど、たとえば、コトバノアトリエの場合、中高生に小説指導をしていた山本さんは「放っておくとニートになる人たちがいっぱいいる」という社会的な問題に突き当たった。

 そこで彼は、ニートを支援するために何が必要かを考えた。
 ニートとひとくくりにしても、若者自立塾のようなものでは、誰もができる能力まで引き上げるのがせいぜいで、ニート個々の才能を職業に結び付けるような働きかけがない。

 それならば、ニートの中でも働く気持ちだけはあって、何かしたいけど、チャンスに恵まれない人を支援する形は作れないか?

 両親がクリエイターだった山本さんは、「クリエイター志願者のニート」にターゲットを絞ることで、ニートから自営業として独立可能な道へ誘導できるよう、とりあえず「マンガ家志望」で地方在住の人に気軽に上京でき、しかも家賃が安く、バイト時間を増やさずに済む住宅支援をすることで、「せめてフリーターになって頑張れば、道は開ける」という成功モデルを提示する試みを始めた。

 それが、「トキワ荘プロジェクト」。
 民家を丸ごと安く借り受け、部屋別に3~5万程度の家賃で住めるようにした。
 礼金・敷金・保証人不要。
 光熱費などの公共料金やインターネット接続料も無料。

 既に6軒の「トキワ荘」が生まれ、それを管理する専従スタッフもなんとか家賃収入や、マンガの仕事を彼らにとってくる営業マネジメント代などで食えるようにし、やる気のある若者を支援するビジネスモデルを持続可能な仕組みに育て上げた。

 このケースでは、ニートをレズビアンと言い換えれば、同じモデルで地方在住のレズビアンのクリエイター志願者を上京させ、家賃収入やマネジメントを事業化することも望めるだろう。

 漫画家志望に限らず、ミュージシャン志願者や、カメラマン、映像作家や文筆業など、いろんなアーチストの卵たちを集めても面白いかもしれないし、国内外から集めれば、新聞やテレビなどのニュースで取り上げられるので、デルタGへのアクセスがそのつど増えることも見込まれる。

 アクセスは、ビジネスを多様化させていくことでニュース素材をより多く提供していけば、自然に増えていくだろうし、それはその後の広告収入の担保に成長可能だろう。

 ただし、事業というものは、一つの事業で短期間に収益を望もうとすると、コストがかかる。
 レズビアン・クリエイターのためのゲストハウスの試みは少しずつ物件数を増やしていくとして、デルタG公認の人材をより多く集めて、彼らを男女共同参画セミナーなどの講演や学校の授業の講師としてネット上から売り込んでいくマネジメント(人材派遣)も試みられてよいだろうし、地方から上京するレズビアンに対して1日で東京近辺のレズビアン・スポットを回っていけるツアーを企画・運営するような年1回の事業があってもいいだろう。

 また、デルタGの活動趣旨に賛同してくれる著名人を探し、サイト上に名前を連ねてもらい、たとえば都内で行われる著名人のイベントでデルタGの広報フライヤーを配れるような協力を願い出て、少しでも仲間を増やしていく広報活動も必要だろう。

 さらに、人材が集まれば、わが子の性志向に悩む親や教育関係者向けのカウンセリング事業も見込めるだろうし、ヘテロ女性だけでは見えてこない「女性向け商品」の開発のためにデルタGの読者たちからアンケートでマーケティングをするような市場コンサルティングもやがて可能になるかもしれない。

 もちろん、デルタGが日本やアジア発のレズビアン関連ニュースを欧米のクィアメディアに売ることも想定できる。

 しかし、もっとも重要なのは、ビジネスモデルの豊かさがある反面、いつまでに何をやるかという事業計画と、優先課題として支援されるレズビアン(あるいは解決すべきレズビアン関連問題)とは何なのかを突き詰めておくことだろうと思う。

 つまり、ミッションの自覚こそが、当事者ニーズを明確にしてくれるのだ。
 カムアウトできないことが致命的につらいことであるならば、その深刻さを解決する方法を真摯に考えることこそ、ニーズのありかにたどりつくヒントのように思われる。

 カムアウトして発言する著名なレズビアン、表現するレズビアン、教育現場のレズビアンなど、レズビアンのイメージが個々のブリリアントな才能に依拠するにしても、彼女たちと連携しながら、広く社会に「レズビアンであることは楽しい生き方だ」という空気感が浸透していくことが急務であるように思う(※それは必ずしもカムアウトを強要することを意図しない)。

 レズビアンを核にしていても、たとえば「女の子が好きな女子」というゆるい汎用性に着目したグッズや写真集、イベント、映画、ファッションなど、いろんなプレゼンテーションは可能だろうし、そういったポップ・イコンを組織するデルタG主催のお祭りが年1回ほど行われてもいい気がする。

 たとえば、野本かりああたりのミュージシャンは、デルタGのサイトでインタビューが載るだけで、それまで自分がノンケだと思っていた少女たちをレズビアニズムへ目覚めさせる契機になるような気がする。

 そうした「目覚め」を潜在的に必要とするニューカマーたちへの教育としても、デルタGの可能性は開かれているように思うし、300~500人規模のイベントなら半年ほどの準備期間で今から可能なものだろう。

 僕自身は、レズビアンに限らず、すべてのマイノリティのみなさん(=社会的弱者)に対して、マスメディアに上手に露出していくノウハウを遅かれ早かれ有料ダウンロードできるようにしたいと考えている。

 何をすれば、こぞってマスメディアが集まり、かつ、良心的な雑誌記事やテレビ番組を作ってくれるのかについては、僕自身が自分の本のパブリシティのために開発してきたし、また記事や番組を企画・編集・制作(執筆)する現場に携わってきたので、具体的なノウハウが蓄積されている。

 金をかけずに広報をするなら、取材されるだけの価値ある活動をすればいいし、ソーシャルベンチャーはまさにそれを地で行く活動なのだ。

 僕自身、今後1~2年は少なくともソーシャルベンチャーの広報の面で支援していきたいと思っているし、デルタGにもぜひ頑張ってほしいと思っている。

 これは、男性中心社会を作ってきた原罪意識というよりは、レズビアンの中にはブリリアントな才能の持ち主が社会の表舞台に出ないまま少なからず眠っているという勝手な思い込みによるものだが、少なくとも僕の知り合いのレズビアンはクールでかっこよく、僕にとってレスペクタブルな存在だし、端的に好きだ(とくに美形のレズビアンは横顔を見ているだけで、僕の中の女性ホルモンを刺激する)。

 今は自己評価の低い人が少なからずいようとも、デルタGが動き出せば、その動きに刺激される仲間は続々と集まってくるだろう。

 一人の勇気は、百万人の愛を集めることだってあるのだ。

 そもそも、日本やアジアのレズビアン・アクティヴィティは、欧米のそれに比べればおとなしい。

 でも、だからこそ、未開拓の潜在市場が大きいともいえる。

 そこで、こんなキャッチ・コピーをデルタGにプレゼントしたい。

 それは、「もっと女が好きになるサイト」。

 デルタGのミヤマアキラさんが、「まだまだ女性は自己評価が低い」と言っていた。

 しかし、「女が女を好きになる」契機は、360度マルチに開かれているはずだ。

 たとえば、世界的な女子ボクサー=ライカ(日本人よ)のファンの多くは女性だけど、フェミ界隈では格闘技は男の世界の産物のように誤解されてあまり話題に上らない人物だと思うけど、そうした人材は実はいっぱい眠っている気がする。

 可愛い服を着た雑誌モデルの少女たちが人気を集めるのも、その服を着たら「私は私をもっと愛せるかしら」という視点で少女モデルを追いかける女性はいるだろうし、内なる男性視線でモデル女子に萌える女性もいるよね。

 緒方貞子さんのようなおばあちゃんに恋い焦がれる女性もいるだろうし、僕のようにデカくてゴツいヘッドフォンを装着して目を伏せる横顔のジョシに萌える女性もいるだろうし、女スィッチでの「働きマン」の社内の先輩にキュンとしてる「おひとりさま上等!」のOLもいると思うし、女性の好みはさまざまだからこそ、デルタGでそういう「私の身近な愛すべき女性」を読者たちから推薦してもらってもいいだろうし、女性が女性を互いに肯定できる回路をそこに見出せるようになれば、「女であること」の豊かさに自己肯定感を抱くチャンスになりうると思う。

 そのように、「自分の好きな女」を女性自身が具体的に紹介していくだけでもアクセスは増えると思うし、これまでのワーキングウーマンやファッションに特化した女性向けサイトとは一線を画して、「女性の生き方」のロールモデルをいっぱい提示できるように思う。

 そこにこそ、女が女を愛する(=女である自分を愛する)ためのプライドワークがあるように思うのだ。

 子どもを産むだけが女の人生ではないし、結婚するだけが女の通過儀礼ではないし、女が自分らしくあるためには、まだまだ知らされていないロールモデルが豊富にあることを伝えるだけでも価値あるサイトに育っていけるような気がする。

 男性社会の作った同調圧力を軽やかに突破していけるしなやかさは、きっと分かち合えるだろうし、女だからこそ戦わずにつながれる関係も見込めるはずだと思うのは、必ずしも思いすごしではないと僕は考える。

 もちろん、このようにレズビアニズムの汎用性を純粋に肯定する論は想定外の誤解を生むかもしれないけど、たとえばPUFFYのような「お友達」から同棲中のレズビアンカップルまでの間を上手に埋めることはできるように思う。

 女性が女性であることの豊かさに気づくチャンスが豊富にあるとわかれば、それだけでも女性どうしが連帯する意味の大きさにもたどりつける気がする。

 女性が好きな女性でも、あえて女性と交際しない女性だっているだろうけど、女性が自分の中の女性性の肯定チャンスに触れることこそが、遠回りのように見えて、その実、一番早く(大きな意味で)同性を愛する契機になるような気がするのは、甘い見識なのだろうか。

 僕は、女性にもっといろんな意味で自立してほしいと思ってる。

 経済的自立、性的自立、組織からの自立…。

 たぶん、僕は自立した女性が好きなのだ、大きな意味で。

 だから、デルタGには勝手に期待してる。

 これを読んだ女性には、一度いいからデルタGにアクセスしてほしいし、自分が無理なく出来ることで参加してほしいと思う。

 もう一度、書こう。

 一人の勇気は、百万人の愛を集めることだってあるのだ。

テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

今一生 con isshow

Author:今一生 con isshow
 ライター・編集者。
 '97年「Create Media」名義で編集した『日本一醜い親への手紙』がベストセラーに。
 '99年に発表した『完全家出マニュアル』で造語した「プチ家出」が流行。
 著書に『ゲストハウスに住もう!』(晶文社)、『下流上等』(学事出版)、『「死ぬ自由」という名の救い』(河出書房新社)など多数。
◎公式サイト
◎今一生の本

カテゴリー

リンク

■ゲストハウスに住もう!
■ネオニートへの道
■クスリをやめたいあなたのために

■ミス御隠居の無責任日記
芸能時事ネタで笑えるのほほん日記。


■ご機嫌公論
ライター&エディターのロイ渡辺くんのブログ。


■バルセロナの日本人女性
”バルセロナ嫌い”なのに在住7年――英語翻訳家のちょっとハイソ な日常を英語バイリンガルでお届け。


■インドで豆腐屋になろう!
豆腐屋の娘でも無いのに、東京で豆腐屋修行するちべまろさんのブログ。



■レンタル空手家
ひきこもりや精神的に弱い人の自宅や近所に出向いてくれる空手家のブログ。



■世界の片隅から、映画を観る。
心動かされた映画を紹介するまこと(仮名)さんのブログ。



FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。