オルタナティヴでいこう! ~告知ブログ
人は時に壁にぶつかる。でも、視点を変えれば、「想定外」の解決策が見つかるのさ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■本を出版したい方は、今すぐお問い合わせを!

★「社会起業家・養成ゼミ」は3月末まで!

 毎週土曜日の午後2時30分から6時まで、都内の教室で開講中のこのゼミは、
講師が全員、現役の社会起業家です。
 遅刻・早退もOKですが、ソーシャルビジネスの豊かな問題解決手法を学べて
「取材される技術」も学べるオトクな講座でありながら、誰にでもわかりやすく、
何よりもワクワクできるのが魅力です。
 受講予約は、下記ページから。
http://socialventure-youseizemi-tokyo.blogspot.jp/

★本を出版したい人向けに編集サービス事業、開始!

 本を出したい個人・法人の方、相談に応じます。
 あなたが執筆する原稿を、商業出版に耐えうる品質まで原稿を向上させる編集作業を請け負います。
 3月10日まで一括振込される方のみ、20%オフ。
 先着1名様のみ受注ですので、関心のある方はお早めにお問い合わせください。
http://conisshow-works.blogspot.jp/2012/08/blog-post_5932.html

★企業向けに「NPOとの協働」と「取材される技術」の相談事業

 NPOと協働してソーシャルビジネスや社会貢献事業を行い、自社の社会的価値を向上させたい企業経営者向けに、NPOとの協働企画やマッチングなどによって事業の効率化・省力化・社員の労働意欲向上などを進める相談事業を請け負っています。
http://conisshow-works.blogspot.jp/2012/08/blog-post_518.html

 また、自社の商品・サービス・CSRを新聞・テレビ・雑誌に取材されるためのスキルを教える広報支援事業も行っております。
http://conisshow-works.blogspot.jp/2012/08/blog-post_2013.html

★毎月1050円で今一生の取材を応援できます

 Grow!というサイトでは、毎月1050円(税込み)で僕の取材費を応援できます。
 全国の社会起業家を取材するにも、交通費などの経費がかかります。
 ソーシャルビジネスについてもっと知りたい方は、ぜひご支援ください。
https://growmonth.ly/conisshow/community

★NPOなどの資金調達には「学術書チャリティ」

 被災地の復興支援活動など、社会貢献活動には経費がかかります。
 そこで、大学などで大量に処分される学術書を寄付していただければ、
そうした社会貢献活動を支援できる仕組みを作りました。
 NPOでも任意団体でも株式会社でも学生サークルでも、寄付先団体になれます。
http://gakujutsu-charity.blogspot.jp/
スポンサーサイト

テーマ:私さがし・仕事探し - ジャンル:就職・お仕事

戦争は念力では予防できない

 原爆投下について「しょうがない」と発言した大臣がクビになった。

 一国の大臣が問題発言ごときで辞任しなければならないのもどこか
変な気がするが、被ばく県の出身の代議士のいう「しょうがない」には、被ばくした家族や親族、地域の人々を愚弄する気持ちなど、あろうはずがない。
(そんな気持ちがあるようなら、そもそも当選してないだろう)

 しかし、少なくとも最初の原爆投下によって「一億総玉砕!」(国家心中)を国民に強いてきた軍部の戦意を決定的にくじいたのは、おそらく歴史的事実だろうし、それが加害者であるアメリカの「正義」であろうとも、にわかには否定できない側面を持ってはいるように思う。

 ところが、今回の辞任騒動を観ると、そうした冷静さはマスメディアから一掃されており、代わりに被爆地の市民からバッシングさせる映像をテレビで流したり、新聞すらも辞任を当然のものとしている。

 たとえば、読売新聞の「編集手帳」には、こうあった。

◆サッカーの日本代表監督イビチャ・オシム氏の言葉を思い出す。祖国・旧ユーゴスラビアで内戦を経験した。戦争から学んだこともあったでしょう? 氏は答えている。たとえあっても、あったとは言わない。「何かを学べた意義を認めてしまえば、戦争が必要なものになってしまう」と
◆原爆投下も同じだろう。戦争を終結に導いた意義を被爆国の側で少しでも認めてしまえば、「必要なもの」として歴史に再登場するのを許すことにもなりかねない。「しょうがない」に潜む危険である

 こういう一見、まともに見える論調ほど怖いものはない。
 ここには、戦争がなぜ遠ざけるべきものなのかが説明されていないからだ。

「え? 戦争は誰が見てもダメなもんでしょ。
 悲惨なことだから否定するのが当たり前でしょ」

 そう思う向きも少なくないだろう。
 しかし、戦争がどんなに悲惨でも、どれほど悲惨ぶりがわかったころで戦争を予防する知恵にはならない。

 それは、「頑張れば神風が吹く」と信じた念力主義と同じだ。

 むしろ怖いのは、「悲惨だから戦争しないように」という認識で溜飲を下げてしまい、思考停止のまま、個人の日常を送れればいいや、と思うことだろう。
 そのあたりが完全な平和ボケだってことを自覚する必要がある。

 いや、それ以上に「戦争反対」という誰も否定できないような正義を振りかざしたまま、国民の多くに結果的に思考停止状態を続けさせるリスクのほうが、よっぽど怖い。

 マスメディアは顧客を手放したくないから、「戦争反対」「原爆反対」の正義に乗っかる。
 安倍・自民党総裁は、自民党の選挙勝利に障害になるような人材は早期に粛清する。

 それほど民意がこの「戦争反対」という大正義の前にひれ伏してしまっている状態は、空気によるファシズムが既にデフォルトになっているようで、とっても怖い。

 そう感じるのは僕だけだろうか?

 1981年に出版された『新戦争論』(小室直樹・著/光文社)という本がある。
 副題は「平和主義者が戦争を起こす」だ。

 国際紛争では、多国間交渉の破綻、経済制裁の破綻を経て、それ以外にどうしようもなくなった時に戦争という手段が選ばれてきた。

 前掲書によれば、「戦争は戦争以外に国際紛争を解決する手段が発明されない限り、可能性として残り続ける」ことになる。

 誤解されがちなことだが、武力があるから戦争が起こるわけではないし、起こせるわけでもない。

 上記のプロセスで多くの紛争は戦争を迎えずに済んでいるが、これまでの歴史から学ぶなら、「戦争以外の解決手段を発明すること」そのものが本来の反戦運動なのだ。

 日本人なら、北朝鮮との関係を思えば、少しは理解できるだろう。
 経済封鎖をしたところで、それがザル法であれば、残りは戦争しかなくなってしまう。
 だからこそ、そこで思考停止ではいられないはずなのだ。

 だから、「戦争反対!」と叫ぶよりも、もっとトラブルの元になるようなことを予防するほうがマシ。

 たとえば、これは冗談抜きに面白いと思ったのだが、Rebel Blueというバンドには「世界混血児計画」という歌があり、「まぜればいいんだ」と絶叫している。

 これはこれで国際的な交流が進んでいる現在では、長い目で見れば、実効性のある一つの方法かもしれない。

 各国に2重国籍や混血児が1国内の半数以上に増えれば、自分の所属する国はもちろん、敵対国に対して血を流すような手段以外について考える契機にはなる。

 また、インターネットのように疑似的な関係をリアルなものとして受け止める世代が出てくれば、そもそも国家単位での紛争に対するバカバカしさが増し、1国に所属しているリアリティも薄まることも期待できる。

 ただ、現状では、日本のマスメディアが既に啓蒙の役割を放棄し、「より多くの人が支持する論調」引っ張られてしまっていることが、嘆かわしい。

 もっと冷静でないと、まるでファシズムのような空気がデフォルトになっていいくだろうし、それはまさに「平和主義者が戦争を起こす」構図を自家中毒的に作っていくことにもなりかねない。

 「戦争反対」で思考停止せず、マスメディアの一辺倒な論調を疑う構えを持つこと。
 今こそ、メディアリテラシーを覚える時代なんだろうと思う。

 被ばく県の市民が「あの大臣の発言は許せない!」なんて言う映像をこれ見よがしに報道しているテレビ番組を見たら、「このニュース番組のディレクターも思考停止なんだな。局Pに『余計なことは考えるな』と言われて支配されているんだな」と気づいてほしい。

 局内のプロデューサの言うがままに、顧客獲得のために安い正義を売るメディアこそ、愚弄すべきなのだ。

 マスメディアにあるプロデューサとディレクターの支配関係とか、読者(顧客)と記者の支配関係とか、そういう日常の次元における関係の内実に対して、より自由な立場で発言できるようにしておくことも、戦争を予防する知恵の一つだろう。

 そして、その知恵にはそれなりに勇気が問われるのだ。
 なんたって、多くの人の「正義」に真っ向から向き合う必要が出てくるからだ。

 「1対多」の喧嘩をする勇気、自分の中の良心を守る気持ち、自尊心を高める努力…。
 僕らには個人的に戦争を予防する多くの学びが必要とされているんだろうと思うよ。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

今一生 con isshow

Author:今一生 con isshow
 ライター・編集者。
 '97年「Create Media」名義で編集した『日本一醜い親への手紙』がベストセラーに。
 '99年に発表した『完全家出マニュアル』で造語した「プチ家出」が流行。
 著書に『ゲストハウスに住もう!』(晶文社)、『下流上等』(学事出版)、『「死ぬ自由」という名の救い』(河出書房新社)など多数。
◎公式サイト
◎今一生の本

カテゴリー

リンク

■ゲストハウスに住もう!
■ネオニートへの道
■クスリをやめたいあなたのために

■ミス御隠居の無責任日記
芸能時事ネタで笑えるのほほん日記。


■ご機嫌公論
ライター&エディターのロイ渡辺くんのブログ。


■バルセロナの日本人女性
”バルセロナ嫌い”なのに在住7年――英語翻訳家のちょっとハイソ な日常を英語バイリンガルでお届け。


■インドで豆腐屋になろう!
豆腐屋の娘でも無いのに、東京で豆腐屋修行するちべまろさんのブログ。



■レンタル空手家
ひきこもりや精神的に弱い人の自宅や近所に出向いてくれる空手家のブログ。



■世界の片隅から、映画を観る。
心動かされた映画を紹介するまこと(仮名)さんのブログ。



FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。